【写真を紡ぐ会「温故知新」グループ展終了】

7
【写真を紡ぐ会「温故知新」グループ展終了】
第一回、写真を紡ぐ会「温故知新」グループ展終了しました。
会期中は沢山のお客様にお越し頂き、大盛況でした。
ご一緒させて頂いた出展者の方々、お客様、紡ぐ会実行委員会の皆様、プリントで尽力頂いたPhotoshopハズイさんの三浦さん、ありがとうございます!😄
来場された方の感想、感想ノートの御記入も嬉しい!ありがとうございます!私の宝物になりました。
そして、機会を頂いて素晴らしい展示に参加出来た事に感謝です☺️
今回温故知新と言う事で、昔から使われてきたフィルムと、音楽をリンクさせて作品を創ってみました。
どちらかというと、写真そのものよりも写真を使った別の表現に重きを置いているので、ちょっと毛色が違うかもしれません。が、35mmフィルムを2眼カメラに装着しての表現にチャレンジしてみたい、の気持ちが強く。
途中思い通りに行かず「何でこんな事始めちゃったん??」とぐったりしたが、何とか仕上がり、展示に漕ぎつけられました😊
搬入の数日前から腹痛、搬入前日には盲腸の診断😅
でも、これも薬で何とかなりましたー。
何とかなるもんだなー(笑)
人が出会い、色々なモノに遭遇し、繋がって、気づいて、築いていく。正にこのグループ展も温故知新でした。
どうやって撮ったの?の質問が多かったので、ざっくりと↓です。
1.デジタルプリントした写真を壁に貼る
2.35mmフィルムを2眼カメラに装着して壁に貼った写真を撮影
3.フィルムを現像し、データ化
4.データをPhotoshopで取り込み、配置。

5.和紙に出力、パネル化

     

     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。