大巻伸嗣 Interface of Being 真空のゆらぎ

2
大巻伸嗣 Interface of Being 真空のゆらぎ@国立新美術館
に行ってきました。
空間を贅沢に使った展示。
光、音、空気を作品にして、空間と一体にして表現。
視覚、聴覚、肌に流れる触覚。
その場にいると、頭が空っぽになる??と思いきや
現実とその裏にある意識が平行になる感じ(私の場合)
不思議なゆらぎの世界を受け取りに行って下さい。
行かなきゃいけない展示です。
そしてなんと無料です☺️

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。