印象派・光の系譜 ―モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン 

3
  • HOME
  • Blog
  • museum
  • 印象派・光の系譜 ―モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン 

イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜―モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
@三菱第一美術館
印象派と言う事で観に出かけたが、一番気に入ったのがレッサー・ユリイ(Lesser Ury)
色の深さと光の描写がたまらない。
目玉画のが印象的なルドンOdilon Redonも圧倒的な色とタッチ、色の配置が一部の違和感も無く良かった・
サイズが大きいので、余計に印象的。
興味の無かったモネの睡蓮、一枚とても気に入ったのが置いてあった。何と日本所蔵。
左から、ユリイ「風景」
モネ「睡蓮」
ピサロ「エラニーの日没」

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。